Breadcrumb navigation

公共サービス事業者さま

以下のような課題をお持ちではございませんか?

課題 ①

「自前の通信設備を持っており、管理コストがかかっている…」

MCAアドバンスによる解決策

  • 共同利用型の自営無線のため、整備費用、維持管理が抑えられます。
  • 各中継局は非常用発電機など設備の二重化により災害に強いです。
課題 ②

「テレワークなど働き方の多様化により社員が分散し、従来の事業継続計画の見直しが必要になった…」

  • スマートフォン型の端末で携帯性に優れているため、社員のいる場所や災害発生時間を問わず即座に対策本部を立上げることが可能です。
  • GPSを搭載しているため、地図アプリから社員の現在いる場所がすぐに把握でき、安否確認が迅速に行えます。
  • 通話はもちろん、チャット機能によって、複数人の状況を即座にグループ内で共有できるようになります。
課題 ③

MCAアドバンスによる解決策

「災害時にIP無線が使えず困ったことがある…」

MCAアドバンスによる解決策

  • ネットワークにアクセスが集中し、通信が遮断されてしまう状況下でも共同利用型の自営無線により安定した通信環境を提供します。
  • 通信は専用周波数による閉域網であるため、秘匿性が高く、セキュリティも万全です。
ユースケース例:鉄道

BCP対策の高度化。災害対策本部に人がいなくても事業継続できるか確認が可能です。


お問い合わせはこちら