Breadcrumb navigation

MCAアドバンスとは

国際的に標準化されたLTE技術を適用した共同利用型の自営無線システム
公衆網と比べ災害に強く、共同利用型のため自営網に対しコスト低減が期待
データ通信が可能となり、さまざまなアプリケーションが活用可能

MCAアドバンスの強み

中継局単独運用を可能とし、非常時や公衆網が輻輳した際でも安定した通信サービスを提供します。

大ゾーン/中継局単独運用

バックホール回線の二重化や切断時の中継局折り返しによる通信の担保。万が一バックホール回線が切断した際も音声及びデータ通信を担保。

輻輳しにくいネットワーク

公衆網とは異なるネットワークを構築。非常時、公衆網が輻輳した場合も利用者の限られるMCAアドバンスは安定した通信が可能。

災害に強いインフラ設備

非常用発電機を整備。単一故障点のない装置内冗⾧構成。停電、装置障害に備えた止まらない通信。

>災害時の実績はこちら


お問い合わせはこちら